いちご鼻の人におすすめの洗顔の仕方&お手入れの仕方

いちご鼻の人におすすめの洗顔の仕方&お手入れの仕方

いちご鼻におすすめのケアの仕方があります。それはいちご鼻になってしまった原因が間違ったケアの仕方にあることが多いのです。普段の肌のお手入れを見直すことからはじめてみましょう。
いちご鼻は毛穴に古い角質や余分な皮脂が溜まってしまった状態です。黒くなっているのはそれが酸化してしまったからです。毛穴に古い角質や余分な皮脂が溜まってしまうことにより毛穴を広げてしまうのです。これがいちごに似ていることからいちご鼻と呼ばれるのです。
いちご鼻の人に多いのが、過剰な洗顔です。洗顔のしすぎは肌のバリア機能を失わせてしまい、肌を痛めてしまう原因になります。そして、必要以上に油分がなくなってしまったことで、さらに過剰に皮脂が分泌されます。これがいちご鼻になってしまう悪循環に陥るのです。いちご鼻を直すためには洗顔から見直すことが大切です。
おすすめの洗顔の回数は1日2回までにとどめておくことです。これ以上の洗顔はいけません。どうしても気になる場合は水で顔を洗うだけにしておきましょう。
洗顔の仕方にも注意点があります。まずは洗顔料をしっかり泡立てることです。そして、その泡立てた泡で優しく洗うことです。ゴシゴシと洗っては肌を痛めてしまう原因になります。泡で顔を優しく洗う感じです。洗顔料を洗い流すのも、ぬるま湯にしましょう。熱すぎるお湯で洗い流してしまうと皮脂の失いすぎと肌への負担が大きくなってしまいます。気をつけましょう。
洗顔した後は化粧水でたっぷりと肌へ水分補給しましょう。そのあとは乳液やクリームをしっかりつけます。乳液やクリームで肌にふたをすることで、肌へのダメージをおさえ水分の蒸発を防いでくれます。顔がベタベタするのが嫌だからと言って乳液やクリームを使わない人がいますが、これでは余計に肌がベタベタする原因になります。しっかりと保湿することが大切なのです。クリームなどがベタベタするのが嫌な場合はサラッとしたクリームを使うといいでしょう。
このように正しいスキンケアをすることで肌が生まれ変わってきます。もちろん時間はかかりますが、肌の変化を感じることができるでしょう。これがおすすめのスキンケア方法です。普段の肌のお手入れを一度見直してみましょう。